スダジイシルエット

2/18 オープン・フォレストガーデニング きのこ作りと春の準備編

By tthama, 2017年2月4日

 

スダジイシルエット

 食べられる森の菜園【フォレストガーデン】の実験地である富塚フォレストガーデンでは、定期的に体験したりするための公開ガーデニングとフォレストガーデンの実践ワークショップを開催しています。
暮らしに利用できる様々な植物たちとともに、ゆっくりと森を育てながら、赤ちゃんの森でガーデングをしませんか?

今回は、キノコ栽培と春に向けての土地の準備を行います。
どのような木がきのこ栽培に向くのか?など。 みなさんと森を歩きながらキノコ・ガーニングを楽しみましょう♪

9:00にはフォレストガーデンのデザインや機能、仕組みのお話などをする見学会も行います。
参加は午前・午後・1日、どのような形でもOKです。   

◆時間:2/18(土) 9:00~16:00
9:00 ★希望者のみ見学会
10:00-つながりのワーク(自己紹介)とフォレストガーデニング 主なケアメニュー
・キノコが作れる木の伐採
・キノコの菌うち
・落ち葉などの有機物集め
・フェンスづくりなど
※基本参加者が過ごしたいように、過ごせるような内容にしてまいります。

12:00-ポットラック・ランチ ※持ち寄りご飯 採集しますが、念のため1品をお持ち寄りください。
13:00-別のサイト 伊左地フォレストガーデンにて、冬越しのワーク
※午前からのつづき

15:00-シェアリングとクロージング 

持ち物(持っている方)  虫除け、のこぎり、剪定ハサミ、ナタ、鎌、軍手、できればヘルメット、ゴーグル・メガネ ポットラック、インパクトドライバー、ゲンノウ、汚れても大丈夫な服装、ご飯の時の座るためのシートマット、マイ食器、強制ではありませんが、お昼を食べる方は参加者と分かち合うための1品料理またはお弁当(作ってきても、買ってきても構いません。)。 

◆場所:富塚フォレストガーデン https://www.google.co.jp/maps/place/34°44’04.0%22N+137°42’00.9%22E/@34.7345013,137.6941444,15.95z/data=!4m2!3m1!1s0x0:0×0?hl=ja

◆ 予定ワーク内容:フォレストガーデンの説明会、道づくり、つながりのワーク、里山ワーク、マルチング、お掃除、ポットラック
※ポットラックとは、自分の作ってきた、または買ってきた食べ物をみんなで分かち合って食べるパーティのことです。 作ったり・買ってきたりすることで、レシピを交換し合ったり、自分で料理をする練習ができたり、気になるお店を知れたり。。。 など、『食べる』ということを通して分かち合いと、お店の情報、レシピ、料理のウデのギフト(贈り合い)を行います。  ただ、オーガニックでなけらばならなのでは・・・?と、気を使わないように。。。 ポテチでも大丈夫です(笑)
※お子様のご参加について フォレストガーデンでは子供の参加を受け入れています。が、サイトには危険な場所や虫やヘビといった生き物もいます。 お子様の行動はすべて保護者のみなさまのご責任の元にご参加ください。  また、ご参加のみなさまは子供たちが健やかな自然と人々に囲まれて育っていけるようにみなさまのご協力をお願いいたします。
※保護者のみなさまは、お子様に自然の中にある危険なことと、サイトある植物を大切にしていただくことをしっかりとお伝えください。
■参加料金:ギフトエコロジー
※ギフトエコロジーとは、それぞれが今必要としているものを互いに贈り合うことで暮らしを支え合う、自然&人間の生態系づくりの実験です。 富塚フォレストガーデンは、多くの人びとの働き、お金、資材のギフトによって今ゆっくりと豊かに成長しています。 もし、みなさんも人と自然が互いに贈りあって支え合う生態系づくりへの参加や、お気持ちをギフトしていただけたらとても嬉しいです。(お金のギフトをいただける方は当日用意している袋にお収めください)

■参加申し込み・お問い合わせ
TEL080-4225-0486 Mail:yoga3shanti@yahoo.co.jp
※お返事が遅れる場合がございますのでご了承ください
フォレストガーデンとは?
http://tthamamatsu.net/wg/forestgarden/

 

 

What do you think?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Top