PC ethics

6/19・26 はじめてのパーマカルチャーとパーマカルチャーの道具箱WS

By tthama, 2017年5月26日

菜園や建築、そしてコミュニティ・・・ 様々な要素を取り巻きながら、ただ持続可能だけでなくより豊かな暮らしと世界の実現を目指すデザイン手法パーマカルチャー。 今回は菊川西中学校でも授業として行っているパーマカルチャーのデザインの基礎となるデザイン原理と原則を様々な事例で理解していくための初心者向けのワークショップを大人にも行います。 一体パーマカルチャーってなあに? という初歩的なところから、時に頭を。 時にカラダを使いながらパーマカルチャーの多様なデザインの可能性や発想方法を味わいます。  日々、世界にあるものを改めてパーマカルチャーのレンズで見つめ直していくことで、当たり前だった日常に潜む様々な可能性と豊かさを見つけていくことを楽しんで貰えたらと思います。 【日時】 

 

6/19(月)はじめてのパーマカルチャー(前編) 9:00-12:30

※WS終了後 必要な方はランチをご用意できます。

6/26(月)パーマカルチャーの道具箱(後編) 9:00-12:30

※WS終了後 必要な方はお弁当をご用意できます。

 

【内容】 パーマカルチャーって何?? を様々な事例紹介を通して知り、それをデザインするための大切なポイントや、様々なものを観察するためのパーマカルチャーのレンズを体験していきます。

【参加料金】 ギフトエコノミー ♥¥♥ (お気持ち) このワークショップは、パーマカルチャーの必要を分かち合うという実践も込めて、僕からパーマカルチャーに関心があり、今後暮らしに取り入れようとしている方へのギフトとして贈らせていただきます。 僕のこれからのパーマカルチャー活動やその広がりなどのサポートをお気持ちとして金銭的にギフトとして頂いたり、何かしらのカタチあるもの無いもの含め、みなさまの心でつながりながら、必要を分かち合う経済をともに創り合えたらと願っています。

【お申し込み先】 yoga3shanti@yahoo.co.jp パーマカルチャーで知りたいこと、ランチorお弁当の必要の有無(ベジなどの希望があればそれも)をお書き頂き、上記のアドレスにお申し込みください。

【講師】

大村淳

<講師 プロフィール> 1981年 浜松生まれ浜松育ち 2003年  ユーラシア大陸をめぐる旅の中、自然とともに寄り添いながら 暮らす人びとをめぐる文化を体験。 その後、旅の最中で学んだヨガを中心に、心身の健康をテーマにヨガや、 ライフスタイルの提案の活動をはじめる 2010年  自然のシステムをくまなく利用し、自給自立をデザインする パーマカルチャーを学び、地域をまるごと自給自立させていく活動 トランジションタウン活動を開始。6年目の現在、日本に留まらず全世界と ネットワークを結びながら、自然も人も生き物も大切にされる世界を小さく構築中 2013年より、究極のパーマカルチャーのデザインと呼ばれる、食べられる森の菜園 【フォレストガーデン】を施工、広める活動を開始。  現在、浜松を中心に各地より注目が集まり、徐々に場づくりを広げている。

What do you think?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Top