IMG_1348

11/14 「しあわせの経済 世界フォーラム」アフターツアーin浜松

By tthama, 2017年10月12日

IMG_1348

11月11日、12日に東京で「しあわせの経済」世界フォーラム2017が開かれます!

フォーラムには、世界中からそれぞれの地域で暮らしに根ざしたコミュニティ活動をしているリーダーたちが集まります。

(詳しくはこちら)http://economics-of-happiness-japan.org/

そして、「この波を東京だけではなく日本各地にもシェアして行こう!」と、フォーラム後もリーダーのうちの何人かが日本のグループを訪ねるツアーをします。

浜松には11月14日に、ツェリンさん(ブータン)、オシさん(タイ、カレン族)の、若い世代で、コミュニティづくりや、周りの人の意識改革への働きかけに取り組んでいる2人が訪ねてくれることになりました!

当日は、そんなリーダー2人の話をただ聴くだけではなくて、食をともにし、お互いに想いを聴きあい、人がつながる場になったらうれしいです。

ブータン、カレン族に興味のある方、ローカリゼーションに興味のある方、誰でも気軽に参加して下さい。 「地域のつながり」「安心して暮らせる未来」など関心を持ち寄って一緒に考えてましょう!

当日は、一品持ち寄りにして、みんなで一緒に食卓を囲むことも予定してます。

和食ももちろん、ブータン風、タイ風料理も大歓迎!交流会での飲み物、お酒やつまみも大歓迎。

平日の夜で忙しい人もいると思うので、お店で買える食べ物や、お菓子、飲み物でも気軽に何でもOK!(マイ食器も忘れずに♪)

※お坊さんのツェリンさんはベジタリアン&お酒は飲まないです。ベジの一品welcomeです!

交流会の後、会場の正晨寺に泊まりたい方は、雑魚寝で良ければ寝袋持参で来てください。
宿泊費などは要りません。翌朝のお勤めに参加されたい方はご自由にどうぞ。

【ゲスト】
●ツェリンさん(ブータン)

16歳より出家。現在30代。仏教の道をまい進しながら、社会とどうかかわれるかを模索している。リトリートに入る前の事例視察で今回来日
プロフィール: http://economics-of-happiness-japan.org/speakers/tsering-dorjay
参考リンク: https://khyentsefoundation.org/chokyi-gyatso-institute/

●オシさん(タイ・カレン族)

エコビレッジ作りに関心があり、家をセルフビルドでたて、海外からのリトリートも受け入れている。カレン族の伝統を大切に暮らしている。演奏家でもある)

プロフィール: http://economics-of-happiness-japan.org/speakers/chindanai-jowar
参考リンク: オシさんが作ったカレンの文化に関する動画 http://bit.ly/2yFxESn   

【イベント概要】

・日時: 11月14日(火) 18:30~

・場所:正晨寺 浜松市中区神田町1464 http://www.sho-shinji.org/

・アクセス: 駐車場が限られているのでなるべく乗り合わせでお願いします。バスの場合は、浜松駅より「小沢渡線」に乗車。「田尻橋北」で下車。バス亭より徒歩2分。

・定員: 50人

・協力金: 1800円 (ゲストの交通費、宿泊費、食費、活動の支援、イベント運営実費などにあてられます)

・持ち物: 食べ物一品、マイ食器、寝袋(泊まる方)

・主催: トランジション・タウン浜松ナマケモノ倶楽部

・共催:「しあわせの経済」世界フォーラムjimicen

・申込: 先着順 11月7日締切 申込はこちらから http://kokucheese.com/event/index/491146/
 

【イベント スケジュール】

18:00 受付開始

18:30 食事スタート

19:30 ゲスト3人のお話

21:30 交流会スタート

※翌日11月15日には、名古屋で『「しあわせの経済」ローカリゼーション・カフェ@徳林寺』が行われます。 名古屋方面の方はこちらにもどうぞ! 詳しくはこちら

What do you think?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Top